京町家保存

京都で住宅設計・店舗デザイン・開業支援を提供する設計事務所のブログです。

京町家保存工事加工

京町家の修繕工事にやってきました。

今回は栗なぐりの腕木がキクイ虫に食われてしまいました。

新しい栗をなぐってもらって、現場で職人さんに仕口の加工をしてもらっています。

ただまっすぐの材料ではないので、加工に技術が必要なのです。

少し湾曲になっているのがかっこいいのですが、その分取り付けには手間が必要です。

ほぞ+大入れ加工し柱に取り付け。軒桁も丸太なので高さ調整に工夫が必要。

あらかじめ下がることを予想して、目視で高さと傾きを感覚のみで決めていきます。

工事中のジャッキアップをはずした時の加重が、ミリ単位でほどよく腕木のむくりに反映しました。

新しい材料なので今は白いですが、時間がたつにつれ焼けて廻りの材料ととなじんでいくでしょう。

京町家のなかでも格式のある町家なのでひとつひとつの材料が良質なものが多く使われています。

また格子や桁の仕口などよく見れば見るほど、寸分狂いのない仕事がいくつか見られます。

現在のように便利な道具が無い中、当時の大工さんの技術にも感心するところがありますね。

京町家保存工事取付


京都市南区にある建築設計事務所。住宅設計、店舗 ショップデザインをメインに設計業務。


SSプロジェクトではコーディネーターが開業・独立支援をサポート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です