基礎の配筋

京都で住宅デザイン、店舗デザイン・開業支援を提供する建築設計事務所のブログです。

木造新築 基礎 配筋

木造住宅の基礎配筋のチェックです。

立ち上がり部分は根堀りをしています。このことにより基礎の立ち上がり高さが高くなるので強度が増します。

地中にできる梁なので地中梁と言って良いでしょうか。鉄骨造などはほぼ地中梁ですが、木造はピンポイントでこのような設計の場合があります。

構造計算事務所によって強度を出す方法にそれぞれ特色があるようです。

基礎の配筋設計は工務店や建築設計事務所が行わず、構造計算事務所に委託することが多くあります。

当事務所でも信頼できるパートナーの構造計算事務所と設計をすすめています。

写真の基礎は図面通り配筋されていて、職人さんも丁寧な仕事を心がけられているようです。

鉄筋のピッチ、太さ、定着、かぶり厚さ等々、チェックすることはたくさんあります。

少し気になるのが多重結束に近い箇所があるのでしょうか。鉄筋がつながるところは法律で定められた定着長さをとる必要があります。

ただし、複雑な個所になるとどうしても鉄筋が多くなり多重結束になることがあります。

なにが不具合なのか。。。つまり鉄筋とコンクリートの接着性が悪くなります。

こんな時は鉄筋同志を少し斜めにして接着性を高めます。こういったいろいろな工夫が必要なんです。

竣工時にはまったく隠れて見えなくなる部分なので、工事中に家づくりに関わる技術者のみなさんが確認しあうことが必要であり、

それにより安心できる住宅が作られていきます。


京都市南区にある建築設計事務所。住宅設計、店舗ショップデザインをメインに設計業務。


SSプロジェクトではコーディネーターが開業・独立支援をサポート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です